ガッカリだよ、◯○製作所!

img253bd33etzddqo.jpeg
DSCN0457.jpg
2003年のことである。
鶴岡市立朝暘第二小学校がアロアシャ学園とインターネットを利用した交流会を実施した。元々、「Inspire the 何とか」の◯◯製作所が日本の小学校と海外の小学校との交流授業を無料とは名ばかりの自社製のソフトを使って売り込むビジネス活動の一環であった。
日本では、朝暘第二小学校の他2校も対象となったが、その2校は海外とのコネクションを持ち合わせていなかった。そこで、手を挙げた朝暘第二小学校の担任の先生が同じ鶴岡市にある出羽庄内国際村の職員に相談した結果、バングラデシュのアロアシャ学園と話がつながった。
当然ながら、日本側の窓口は、NPO法人アロアシャ・プロジェクトが受け持つことになった。
◯◯製作所は、通訳として英語のALTを連れてきた。アロアシャ学園側には、ベンガル語を話す青年海外協力隊員が通訳を買って出てくれた。こちら側から、英語で通訳するものだから、話がゴチャゴチャになってしまった。ちょうど、鶴岡市にある山形大学農学部に留学していたアロアシャ学園の理事がALTに割って入り、子供たちの日本語をベンガル語にしたり、日本語にしてくれた。
ベンガル語でないと話が見えない。当たり前のことを◯◯製作所は理解できなかった。それが切っ掛けになったのか、NPO法人アロアシャ・プロジェクトに不信感を持つようになった。
◯◯製作所は、現地視察と称して、アロアシャ学園を訪れた。そこで、◯◯製作所は、アロアシャ学園とNPO法人アロアシャ・プロジェクトの切り離しにかかった。
アロアシャ・プロジェクトを「乞食団体」だとモンジュールさんたちに告げ、離別を要請した。しまいには、イスラム教徒が多い国に行きながら「酒買ってこい、女買ってこい」と発したという。
アロアシャ・プロジェクトはアロアシャ学園の経営者である。切り離せるはずがない。そんなことも調べずにバングラに行ったアホな◯◯製作所の社員たち。
現地での◯◯製作所の社員たちの言動に切れた現地の青年海外協力隊員が、事の顛末をアロアシャ・プロジェクトの事務局長であった悪友に電子メールで送るはずだったのが、オッチョコチョイにも◯◯製作所の社員に送ってしまった。
◯◯製作所からは、三行半のメールが悪友のアドレスに送られてきた。「おまえたちが悪いから、もう、朝暘第二小学校とは遊ばない。」と言わんばかりの内容であった。送ってきた◯◯製作所の社員のメールを保存しているので公開しても良いが、今回は辞めておく。何かあったら、いつでも公開する用意がある。
悪友は怒った。名誉毀損で訴えると仲間内で吠えたが、結局、世間にも◯◯製作所にも吠えなかった。でも、◯◯製作所の製品の不買運動は、密かに続けている。
タヌキオヤジは、というと、エアコン、プラズマテレビ、ドラム型洗濯機、電子レンジ、生ゴミ処理機と主力家電は◯◯製である。◯◯の製品は、どちらかというと好きである。アフタサービスも良い。悪いのは製品ではない、人間であるというのが基本的な考え方である。
朝暘第二小学校は、◯◯製作所との関係が無くなった後もアイボールというフリーのチャットソフトを使って、アロアシャ学園とは4回にわたり交流会をおこなった。異国の地の子供たちとの交流授業の効果は十分あった。
あれから12年、仕事の関係上、◯◯製作所とかかわらざるを得なくなった。それも、12年前の嫌なIT部門とである。不思議な事である。タヌキオヤジには、こういう経験が何度かある。必ずと言って良いほど、2回目には相手は痛手を受ける。こちらは、全く手を出さないのだけれども、相手が勝手に自滅する。
この大宇宙には、「作用反作用」という、いくら高度な文明を持つ人間をしても避けられない絶対的な法則がある。この法則が作用しているとしか、タヌキオヤジには思えない。
例のインターネットを使った交流システムはどんなものかと思っていたら、◯◯製作所には無かった。他のメーカーのソフトとマシンを使っていた。
「おいおい、あんなに大騒ぎしたのに製品化できなかったのかよ!」と◯◯製作所の社員に吠えたくなるのをじっと堪えている。悪いのは、あんたらの先輩だ。あんたらに罪はない。
◯◯製作所のトップページには『「Inspire」の語源は、ラテン語の「In」(中へ)+「Spirare」(息吹)で、「中に吹き込む」、「膨らませる」、「鼓舞する」という意味のほか、「精神、意識を高揚させる」、「元気づける」などの意味を持ちます。』と書いてあるが、「〈うわさなどを〉(けしかけて)広げる。」と言う意味もあり、どちらかというと、◯◯製作所のポリシーは「けしかけて、広げる。」じゃないのと言いたくなる。
ガッカリだよ、◯◯製作所!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください