余興は始まる、モンジュールさんは来ない。

セレモニーで使った雛壇が撤去され、余興が始まった。
IMG_5319.jpg
IMG_5318.jpg
歌手が次々と唄い、タヌキオヤジが知っている曲も歌われて、思わず口ずさんでしまった。歌手はプロのようだ。単に歌が上手いのではない。アンプは使っているのだが、歌唱力がある。これは、Mahbubar Rahmanさんは、金を掛けたなと思った。
もう一つ、気がついたのが、楽器である。キーボードと電子ドラムだけの演奏で、いろいろな楽器の音が聞こえる。バングラポップスのCDはたくさん持っているが、楽器は電子機器だけの最小構成でレコーディングしているのかもしれない。
IMG_5320.jpg
IMG_5321.jpg
上の写真2枚は、マイケル・ジャクソンの形態模写である。ちょっと、小太りのマイケルである。これは、大受けであった。バングラでは、マイケル・ジャクソンは健在であった。
余興は始まったが、モンジュールさんは来ない。朝、霧が晴れたらラッシャヒを出ると言っていたが、もう、来ても良い時間であるが、まだ、現れない。時間通りに事が運ばないのがバングラデシュ。期待すると裏切られる。
日本に住んでいるベンガル人は、みんな、バングラ時間をよく思っていない。日本に住み、事業家のルンジュさんのモットーは、「時は金なり」である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください