お巡りさんといっしょ

IMG_5266_1.jpg
SAKURA学校のオープニングセレモニーが始まる前に、警備で来ていた「お巡りさんといっしょ」に撮った一枚。モンジュールさんは、「パブナは危ないところだから」と言っていたことを思い出すような、警戒態勢か?と一瞬感じた。
バングラデシュに初めて行ったとき、ライフルを持った警官が町の所々に立っていて、ドキッとしたことを思い出す。モンジュールさんに、なぜ、警官が町中にいるのか尋ねたところ、「ヒマだからでしょ。」と返事が返ってきた。今では、警官を見てもドキッとしなくなった。単純にヒマを扱いているから、ただ、町中にいるだけなのだということを理解できるようになったのである。
今回のオープニングセレモニーでは、何かあったときの用心と言うことで、地元警察に顔の利くMahbubar Rahmanさんが手配してくれていたのである。ただ、ルンジュさんの話では、SAKURA学校の設立には、地元の人たちの中には、おもしろくない人たちもいると聞いた記憶がある。ベンガル人にありがちなジェラシーなのだろうと簡単に片付けられようになった。
IMG_5267.jpg
セレモニーが始まる直前、芳名簿に日本人一人一人が名前と住所を記入した。博物館などに行くと芳名簿が置いてあるところがあり、係員から書いてくれと言われることがある。だいぶ前、長女とダッカのラールバーグ フォートに行ったとき以来である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください