イード・ムバラク

イスラム教の断食ラマダンが一昨日の8日に明けた(終わった)。ラマダンが明ける前に、実家に帰るため、恒例の帰省ラッシュがバングラの新聞に大きく報じられていた。
IMG_2760_201308102146027e5.jpg
IMG_2759.jpg
夕べ、多分、実家に帰省しているだろうと思い、久しぶりにモンジュールさんの携帯電話に電話をかけてみた。案の定、家族みんなでモンジュールさんの実家(ナトーの田舎)に来ていた。
モンジュールさん話では、この2?3年は仕事が忙しくて、ラマダン明けに実家に帰っていなかったと言う。
前アロアシャ学園校長のアリさんの弟・ショフィーさんがカナダから帰ってきていた。アリさん兄弟は、モンジュールさんの姉の子供たちで、甥にあたる。ショフィーさんは、徳島大学に留学した後、バングラに帰国した後、家族とともにカナダに移住した。
3ヶ月前、アリさんたちの父親が亡くなり、ラマダン明けの機会にカナダから一時帰国した。
モンジュールさんには、アロアシャ学園の運営費を捻出するための新しいビジネスのため、2つの研究をお願いした。研究のための資料を日本側から送る約束をして、スカイプを切った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください