いつもと違う、怪しい焼き鳥パーティ

恒例の焼き鳥パティがいつもと同じように始まったかに見えた。しかし、今回は様子がちょっと違った。
IMG_5217.jpg
ガードマン氏が絞めた鶏を掃除のバッちゃんとガードマン氏が解体していた。
IMG_5218.jpg
バングラの包丁は、地面に固定して、食材を押切するので、手も切りそうで怖い。魚の三枚下ろしなど、とてもできない。魚は、みんな輪切りになる。
IMG_5220.jpg
IMG_5221.jpg
骨に付いた肉を日本から持ってきた包丁で次男がそぎ落とし始めた。
IMG_5225.jpg
IMG_5226.jpg
ここからが怪しい。バングラ風焼き鳥のタレが怪しい。バングラで売っているバーベキューソースにニンニクとヨーグルトが入っている。直接、胃袋に入れるため、日本から重い思いをして持ってきた日本酒をいつの間にか、断りもなしにタレに入れている。
これにはビックリした。ヨーグルトとニンニクの取り合わせもそうであるが、日本酒を勝手に使われたことに憤慨してきた。
IMG_5230.jpg
写真右下に、福島県伊達市在住のルンジュさんが写っている。翌日、ルンジュさんたちが経営する小学校のオープニングセレモニーに日本人の我々とモンジュールさんが参加するために、迎えにきてくれた。
IMG_5231.jpg
日本から持ち込んだ焼き鳥のタレとアロアシャ学園風味の怪しい焼き鳥のタレの焼き鳥が始まった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください