バングラデシュの看板屋

IMG_5129_1.jpg
ウットラのメインストリートを散策していると、看板を取り付けしている工事風景を見ることができた。日本では、看板は工場で組み立てて、支柱なり建物なりに取り付けるのが普通であるが、バングラでは、現場で加工組立をし、取り付ける。
看板に限らず、窓枠や階段でも、取り付け現場で加工組立をする。アスファルトでさえ、道路上で加熱加工している。これらのことは、以前、何度か紹介した。
IMG_5130_1.jpg
照明もおもしろい。蛍光管を横に並べただけ。安定器がどこにあるかの、写真では、わからなったが、実にシンプルである。「シンプル イズ ベスト」というCMを思い出すが、壊れたら取り替えれば良いという発想ならではの考え方である。
日本的に壊れないように作るという考え方が殆ど無いバングラである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください