旅のお供にLet’s note

IMG_1930_1.jpg
今回のバングラ渡航にパナソニックのLet’s note(レッツノート)を持って行くことにした。
このマシンは、我が悪友が、ハーディスクの代わりに、今流行りのSSD(ソリッド・ステート・ディスク)に交換しようとして分解したものの、ポインティングマウスのケーブルを誤って引きちぎり、ポインティングマウスが使用不能となり、私に廃棄処分されたものである。
運良く、在庫のケーブルがあり、交換したら使用可能となった。
このため、Windowsの代わりに、Knoppix(クノーピクス)というLinux(リナックスという基本ソフト)を入れて動かしている。マイクロソフトのオフィスの代わりにLibreOffic(リブレオフィス)、フォトショップの代わりにGIMP(ギンプ)など、全部無料のソフトで、ほとんどWindowsマシンに遜色なく動いている。
このマシンは、悪友が好きなタイプのマシンで、過去に2006/09/06の日記「探しています!」にもあるように、バングラで紛失したものと同じタイプである。
お金持ちの悪友にとって、タイプなのは、軽量で壊れにくく、キーボードが打ちやすく、おまけにDVDまで内蔵していて、使い安い点にある。マスコミが記者会見場で使っているのをよく見かける。ただ、値が張る。
バングラ渡航の初代機は2010/01/24日記「旅のお供にEee PC 2010」、2代目は2011/05/21の日記「旅のお供にdynabook UX」に続く3代目となった。
年齢とともに、ネットブックのディスプレーの大きさに目が耐えられなってきた。しかし、値の張る高級機なれど、ディスプレーの色の再現性は最悪。ブログやフェイスブックに載せる写真の色補正ではいつも泣かされている。
今日は、午前中、次男とともにパッキングをして、計量してから、嗜好品やハードドリンクの買い出しに出かける。
元JICA隊員の辻さんによると、バングラは寒波の影響で、夜は霧が発生し、ダッカ空港が夜間使用禁止になっているとのこと。航空各社は、ダッカ空港の到着を日中にダイヤを変更しているようである。このため、経由地の空港で、乗り継ぎに半日以上待たされている模様。
今回はダッカに昼に着くタイ航空に選択したことで、ほっと、胸を撫で下ろしているところである。

“旅のお供にLet’s note” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 20989be8c5ad273ecdeeb0d8dbc41dea
     ご自分で分解,組み立てができるのですね。すごいなあ。
     お気をつけて行って下さい!! 
     私は,25日の深夜~ミャンマー・タイです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*