稲苗の高騰

High seedling price hampering Irri-boro farming in Lalmonirhat_2
昨日のバングラ紙に稲の苗が高騰していると載っていた。
原因は、このところのバングラの低温と濃霧の影響で、良い苗が作れないことにある。
この苗の減少に乗じて、暴利をむさぼる種物屋が出てきた。
当然、稲を作る農家にとっては、高い苗を買わなければならないことは、農業収入の減少にしかならない。
野菜の価格は暴落し、稲の苗は高騰したのでは、農家は踏んだり蹴ったりである。
バングラの農業離れが進む。以前も書いたが、農業が衰退すれば、国土は荒れる。
今晩、久しぶりにモンジュールさんに電話して、状況を聞いてみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください