悪党からメッセージ

悪党からフェイスブックでメッセージが届いた。今回の震災に対するメッセージである。お友達になって欲しいとも。
I hope all of you are ok after the recent earth quake. I feel extremely sorry for the people affected by the earth quake and Tsunami. May God bless us all. Regards to your mum who did a lot for us while we were visiting Japan. With wishes.
なぜ、悪党と呼ぶのか。
それは、2006/04/17の日記「モンジュールさんのラボ」にも書いたように、アロアシャ学園の運営費を捻出するために始めた、モンジュールさんのジャガイモの研究所とラッシャヒ空港近くの農場をアロアシャ学園の他の理事とともに乗っ取ったからである。
このことは、2006/03/08の日記「学園理事会」でも触れている。アロアシャ学園も乗っ取ろうとした。
さらに残念なことは、これらの乗っ取り劇に日本側の役員1名が関わっていたことである。この悪党のフェイスブックのお友達に、この役員1名が入っていた。もう、10年以上も前の話であるが、いまだに、二人の関係は続いていたのである。
夕べ、モンジュールさんに電話をして、このことを話した。モンジュールさんは大変驚いていた。
「彼は、とても頭がいいだから、悪いことを考えたのです」
「彼は、同じ大学にいますが、あれから一度もあったことがない」
「遠くで、彼の顔を見たことがあります。彼は私の顔を見ることができない」
「なぜ、フェイスブックであなたのことを調べたのでしょう」
「彼の息子とミデュラが同級生だからかな?」
「アロアシャのみんなに知らせておきます」
と、ちょっと心配していた。アロアシャのスタッフにはフェイスブックをしている人は多い。
悪党氏が、今回の震災を見舞ってくれたことには感謝するが、これを機に近づこうなどという姑息な態度は絶対に許さない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください