高校生、アロアシャ学園に行く

山形県立東根工業高校の生徒4人が今月20日、アロアシャ学園に向けて出発する。

太陽光発電で国際貢献をおこなっている高校である。昨年は、生徒会の「光プロジェクト」として、同校にモンゴルからの留学生の母校に太陽光発電パネルの設置と現地の高校生との交流をおこなった。

2010.3.2山新東根工業高.jpg

今回は、「誰もが安心でき、自然と共存しながら生活できる空間づくりをし、持続可能な町づくり」を目指すサスティナ・タウンプロジェクトとして、アロアシャ学園で太陽光発電システムの設置と技術研修、それにアロアシャ学園の生徒との交流をおこなう予定である。

「持続可能な」を目指すだけに、今後の持続可能な国際支援と国際交流を期待したい。

>

“高校生、アロアシャ学園に行く” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    こんにちは。
    こんな資料がありますが、ちょっとは使えますかね。
    カタカナ ベンガル語
     http://kanaben.s3.zmx.jp/
    絵入りのコミュニケーション資料の「たのしいがっこう」
     http://kanaben.s3.zmx.jp/index.php?%E3%81%9F%E3%81%AE%E3%81%97%E3%81%84%E3%81%8C%E3%81%A3%E3%81%93%E3%81%86
    ベンガル語単語集 日本語→ベンガル語 印刷用もあります。http://book.geocities.jp/ben_nichi/index.html

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >あだちさん
    資料ありがとうございました。滞在期間が短いので、どれだけ、子供たちとコミュニケーションできるかわかりませんが、事前研修で使えると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください