東根工業高校の生徒、日本を出発

Dragonair.jpg

夕べ、山形を出発した山形県立東根工業高校の生徒たちは、成田空港を飛び立った。昨日から、強風が吹き荒れ、千葉県地方も暴風警報が出ていたが、無事出発した。

昨日、出発式に参加後、自宅に戻ってから、モンジュールさんに電話した。ちょうど、高校生たちの受け入れのために会議の最中であった。アロアシャ学園の理事たちのほか、バングラ有名テレビ局チャンネル・アイのリポータ、ファッタさんも会議に出席しているという。高校生たちの滞在中、ずっと、取材してくれるという。

ファッタさんは、アロアシャ学園の支援者で、ずーと、アロアシャ学園をバングラ全土に紹介してくれている心強い助っ人である。

今頃、高校生たちは乗り継ぎのため香港空港にいるはずである。乗り継ぎは、ドラゴンエア便である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*