東根工業高校が無事帰国

IMG_0455.jpg
IMG_0454.jpg
バングラデシュで太陽光発電の研修を終えた東根工業高校の先生と生徒たちが元気な顔をして、昨夜、無事、山形に戻って来た。

IMG_0458.jpg
帰って来るなり、皆、「寒い、寒い」を連発。40度を超えるバングラデシュから、1/10の4度の山形では無理もない。

IMG_0459.jpg
IMG_0469.jpg
現地からのライブ中継を見て感動した校長先生から歓迎の握手とねぎらいと感謝のお言葉を受けた。

IMG_0470.jpg
7日前、はにかみながらの握手から、帰国して再会した家族との握手は、みんな、しっかりとした自信に満ちあふれた握手であった。

IMG_0472.jpg
買い物や観光も、なかなかできないタイトなスケジュールをこなしてきた先生と生徒たち。毎日、最高気温が更新され、移動車のエアコンが効かなかったり、空港の売店でマンゴーバーを買おうと思ったら、外国人と思われ、ぼられたり、十分、途上国での洗礼を受けて帰ってきたようだ。

今回の研修は、単に太陽光発電の技術移転だけが目的ではなく、途上国から日本を見つめ直すことができるようになれば十分である。

それにしても、まだ現地に残っている悪友からは、相変わらず、現地の様子が送られてこない。「おーい、生きてるのか!」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*