アリさんのウエルカム・パーティ

CA3C0010.jpg
アリさんのアパートでウエルカム・パーティが行われた。急遽日程が決まったこともあり、参加できない人もいたが、アリさんのワンルームアパートでは、丁度よい人数となった。

CA3C0004.jpg

CA3C0007.jpg
アリさんのアパートに行ったら、アリさん以外に誰もいなかった。アリさんはビリヤニを作るため鶏肉を切っていた。ビリヤニは、インドやバングラでの代表的な料理の一つで、カレーピラフである。バングラで売っているテイクアウトの弁当の多くはビリヤニである。クミンとカルダモンが手に入らなかったので、ガラムマサラを使ったという。

CA3C0008.jpg
近所に住む悪友は、手ぶらでアリさんのアパートに来て、何もせずに、ベッドに横になってしまった。我が女房の話によると、悪友が自宅に来て、「ウエルカム・パーティは、持ち寄りで、自分の妻も来る」と言って帰っていったという。

女房は、それではと、鶏の唐揚げとサラダとキュウリの漬け物を作り、悪友の奥さん一人でアリさんの手伝いをするのでは大変だと思い、自分もウエルカム・パーティに行ってアリさんの手伝いをするつもりだった。

しかし、悪友の奥さんは来ないし、悪友は何も持ってこないし、遅れてきた友人に買い物を言いつける始末になり、自堕落なアロアシャ学園の将軍様になってしまった。

CA3C0016.jpg
悪友は自堕落であっても、アリさんのビリヤニは、確実に美味しくできあがり、形ばかりウエルカム・パーティのセレモニーが始まった。アリさんから挨拶をしてもらい、みんなで、アリさんの来日に乾杯した。

アリさんは週4日間2時間の日本語の猛特訓を受けている。日本語は難しいと言う。アリさんは、毎日、アパートの近所を1時間ほど散歩し、来日から10日あまりで、周辺を覚えたという。我々がバングラに行っても、1時間も散歩をしようものなら帰ってこれなくなると笑い話になった。

バングラは、どこに行っても、建物の色が白かグレーである。バングラに比べると日本の町並みの色合いが豊かであることが、今更ながら感じられる。

アリさんのウエルカム・パーティは、アリさんからビリヤニを作ってもらい、逆に、アリさんからウエルカムされたパーティだった。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください