モンジュールさんの来日予定変更

今、モンジュールさんに電話した。しばらく、電話しても連絡がつかなかった。イチゴの普及のためバングラ全土を行脚していたという。

8月末の来日予定をしていたモンジュールさんは、渡航を1ヶ月繰り下げる予定だという。8月22日からラマダン(断食)が始まるのだが、同行するアノア先生が敬虔なるイスラム教徒で、日本に行ったら誘惑が多くラマダンはできないよとモンジュールさんに言われて、8月末の渡航をあきらめたという。

今年は、バングラデシュは雨が少なく、イチゴの生育が良くないという。雨が降りすぎても病気になるし、うまく、いかないものだ。

今、アロアシャ学園の近くの製糖工場の農場にいるという。雨が少ないがサトウキビの生育は良いという。イチゴの苗の生産もこの農場でしているが、新たに、学園農場から北に行ったところに25エーカーの土地を借りて、イチゴの苗を作っているという。

毎年、イチゴ苗の生産量が増えて、年末のイチゴ生産が楽しみである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください