モンジュールさんの造ったマジックウォーター

IMG_0263.jpg
焼き鳥パーティのときに、この時ばかりとモンジュールさんが出してきた、マジックウォーター。

ワインである。モンジュールさんは、ブドウの品種改良をしながら、美味しいブドウは、密かにワインにしているのだ。バイオテクノロジーが専門なので、アルコール酵母の培養もお手の物である。禁酒のイスラム社会での異端児である。

以前、イギリスのノッキンガム大学に客員教授に招かれ、家族みんなでイギリスに住んでいたとき、ビールも造っていたという。

10年前は、奥さんのボナニーさんの目を気にしながら、マジックウォーターを飲んでいたが、この頃は、堂々と飲むようになった。もっとも、日本人がお土産に持ってきたマジックウォーターだけに、ボナニーさんも遠慮していた。

ボナニーさんは、家の中でマジックウォーターを見つけると鍵のついた戸棚に隠してしまうのだった。焼き鳥パーティの時だけ、その戸棚はご開帳される。1年間、マジックウォーターは戸棚の中でじっくり熟成されてきた。バングラのマジックウォーターは、イスラム社会だけに神仏並の扱いである。

モンジュールさんが、仕事や人間関係でストレスがたまったとき、マジックウォーターを飲むことをボナニーさんは許してくれるようになったという。

モンジュールさんは、ブランディーがお好みであるが、原料はワインと同じブドウである。バングラデシュには、ブランディーと称するサトウキビ原料の蒸留酒があるが、いくら、戸棚の中で熟成されても、とても、飲める代物ではない。

“モンジュールさんの造ったマジックウォーター” への4件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    市販のブドウジュースに日本から持ってきたワイン酵母を使って
    ワイン作って飲んでいました。
    ダッカから持ってくるには、思いし割れるかもしれなかったので、
    現地生産して飲んでましたよ(笑

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >あだちさん
    >市販のブドウジュースに日本から持ってきたワイン酵母を使って
    >ワイン作って飲んでいました。
    >ダッカから持ってくるには、思いし割れるかもしれなかったので、
    >現地生産して飲んでましたよ(笑
    すばらしいですね。ありがとうございます。あだちさんのやり方を現地にも教えます。パンを作るイースト菌でも十分お酒になりますね。

  3. SECRET: 0
    PASS:
    バングラデシュで作るなら、ワインではなくミードを作ってみては?
    蜂蜜のお酒で、地中海沿岸で飲まれていたワインと並んで古いお酒です。
    酵母はバングラデシュ産を使うのは難しいですが、
    輸入物のブドウではなく、シュンドルボンの蜂蜜で造れるお酒になりますよ。
    ミードの作り方は、大雑把に言えば蜂蜜を薄めて発行させるお酒です。
    ネットにも情報があるので、見てみては?

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >あだちさん
    ミードは良いですね。私も何度か作ったことがあります。以前、バングラの蜂蜜を日本の養蜂業者に見てもらったことがありますが、蜜を取った時点で発酵していて、品質が落ちると言われたことがあります。
    ミードにするには良いかもしれません。
    また、イチゴもお酒ができるよと現地には言ってあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください