12月27日の朝食「焼き餅」

IMG_0244.jpg
IMG_0026.jpg
バングラデシュに入って3日目の朝めし、「焼き餅」

自炊のできる学校の部屋での最初の朝は、何も食料を買い出ししていないので、悪友が日本から持ち込んだ餅と海苔と醤油で朝食とした。

プロパンガスとガスレンジを用意してくれたので、やはり、日本から持って行った餅網で餅を焼いて食べた。

以前、餅を焼いて食べたことがある。それは、9.11同時テロの年の12月31日に焼き鳥パーティーをしたときに、焼き鳥と一緒に焼いたものである。そのときは、バングラで、ガスレンジで餅を焼いて食べられるようになるとは、夢にも思わなかった。

バングラデシュは、少しずつではあるが、着実に生活が豊かになり始めている。

“12月27日の朝食「焼き餅」” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
     私は,いつも現地のものしか食べないので,逆に新鮮な感じです。
     この前,ミャンマーの友人に食糧を持ち込みましたが,バックパックで27.3kgにもなってしまいました!中には私の物も多く入ってましたが,本当に重たかったです。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >うめきんさん
    > 私は,いつも現地のものしか食べないので,逆に新鮮な感じです。
    > この前,ミャンマーの友人に食糧を持ち込みましたが,バックパックで27.3kgにもなってしまいました!中には私の物も多く入ってましたが,本当に重たかったです。
    持って行くものは、どうしても、液体が多いので、重くなりますね。一度、頼まれて車用の洗浄ワックスを持って行ったことがありますが、飛行機の中で気圧の変化で蓋が開いて漏れてしまい、荷物がワックス臭くなり閉口したことがあります。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください