マラジ君の首ちょんぱ

IMG_0123.jpg
昼食時、我々の胃袋に入る予定の鶏さん。マラジ君の父親がさばいてくれた。

IMG_0146.jpg
マラジ君の父親が鶏を持って、右手で首を切る仕草をしたので、マラジ君に首をはねるポーズをして見せたら、それ以降、会うたびに、首ちょんぱが挨拶になってしまった。

バングラの子供たちは、生まれたときから家畜の殺生を見ているので、首ちょんぱがどういう意味か良く理解している。家畜が自分たちが生きるのにどれだけ役に立っているかをよく理解している。

日本の子供たちは、スーパーマーケットでトレイに並べられて切り身で売っている肉の意味をどれだけ理解しているだろうか。最近、食の安全とか食育といわれているが、いやなものを見せずにどれだけの教育ができるだろうか。きれい事を並べる先生といわれる方々に問いたい。