乞食という職業

以前、バングラデシュには乞食をするために乳飲み子をリースする商売があると聞いたことがある。2006.5.28の「職業乞食」でも書いている。

DSC01252-s.jpg
確かに、とても乳飲み子がいるとは思えない年齢の女性が子供を抱えて道ばたや人の集まるところで物乞いをしているのを何度も見たことがある。日本人から比べると、苦労している分だけ、直射日光に余計当たっている分だけ、年齢以上に老けて見えるのかもしれないが。彼女たちが生きていることができるのは、多くのベンガル人が彼女たちのために、幾ばくかのお金を分け与えているからである。

DSC01269 copy-s.jpg
障がいを持つ乳飲み子をゴザの上に置きっぱなしにして、物乞いをしている。近くに、母親らしき女性がゴザを敷いて物乞いしている。

DSC01283 copy-s.jpg
様々な理由で、物乞いをしなければならない人たちはいる。しかし、列車の中にも物乞いをする人がいるのにはビックリした。写真の人は足がない。彼は、誰かに頼んで列車に乗り込み、乗客に物乞いをする。車掌も、巡回する警察官も、誰も彼らをとがめない。切符を買って列車に乗り込んでいるのか、それとも、彼らの営業行為を公に認めているのかわからない。貧しい人にも分け与えるのがイスラムの教えである。


TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください