節分その2

一通り、学園の子供たちを襲った鬼は、今度は、豆をまかれて退散するという、日本の節分の定番で幕を閉じた。

節分の習わしについては、日本への留学経験者で、アロアシャ学園の創設者、モンジュール・ホサインさんが、子供たちや学園関係者に説明した。

今までの渡航の中で、なかなか、日本の文化や習慣について、紹介する機会が少なかった。このたびの渡航では、節分の時期が重なったのと役者がそろっていたので、節分について紹介することができた。

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*