学校給食

アロアシャ学園の学校給食

アロアシャ学園で学ぶ貧しい子供たちは、朝食もとらずに通ってくる子も多い。このため、学園では、学校給食を実施してきた。

普通、バングラデシュの昼食は、午後3時頃。しかし、学園では、朝食をとってこない子供たち子供たちのことを考えて、日本の昼食に近い時間帯に給食を出している。

この日は、いつもの鶏肉入りのカレー炊き込みご飯。日本のメンバーもご馳走になった。


TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください