アロアシャ学園の教職員

写真はアロアシャ学園の初期の頃の教職員

中心にいるのが創設者で初代校長のモンジュール・ホサインさん。山形大学農学部に博士号をとるために留学していた。

左側から2人目男性とモンジュールさんの右隣の女性は、後に家族の反対を押し切って、ロマンスを実らせ結婚した。

バングラデシュでは、小学校を卒業すると小学校の先生になれる。その上の学校の先生になるには、大学を出なければならない。結婚した先生のうち、男性は小学校卒、女性は大学卒。女性の家族や兄が、二人の学歴の差を理由に猛反対した。

右下は、現在の2代目校長モーシン・アリさん。

この写真に写っている先生方は、モンジュールさんとアリさん以外は、みんな退職されて、現在の教職員はほとんど違うメンバーになっている。

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*