バングラではない町並み・その12

クアラルンプール空港

今話題の黒川紀章氏が設計した空港。空港内部に大きな観葉植物をブロック的に植えて、熱帯雨林の感じを出しているのが特徴である。

アジアのハブ空港を狙って作られたと聞いたが、シンガポール空港や香港空港に比べれば、かなり小さく、店舗や飲食店、休憩施設などの数でもかなり見劣りがする。滞在時間にもよるが、トランジットでは暇をもてあます。

完成して、間もない頃は、何もないノッパラの真ん中に出来た空港であると思ったていたが、最近は、周りにいろいろなものが建ち始めてきた。クアラルンプールへのアクセスは、バスかタクシーだったのが、鉄道が乗り入れするようになり、便利になった。


TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください