入学試験を受ける子供たち

母親たちが学園の外で待っている間、学園の教室では、入学試験が行われていた。

突然現れた、外国人に目を白黒させている。学園の子供たちの授業ならば、机の上に教科書、ノート、机の下にカバンなどが置いてあるが、写真では、紙と鉛筆だけなので、学園の子供たちでないことがすぐわかる。

一番驚いたのが、ペーパーテストをしていることである。公立の学校に通えない子供たちを対象にしているはずであるが、みんな、文字を書いている。多分、親や兄弟からベンガル語や勉強を習っているのであろう。基本的には、文盲は、この学園には入ることが出来ないのである。


TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください