牛さん登場

農家で飼われている牛

バングラデシュの乾季は寒いので、牛さんに布をかぶせて保温している。ご本人は、特に嫌がるわけでもなく、普通にたたずんでいらっしゃる。こんな風景が、あちらこちらで見受けられる。ヤギさんが布をまとっているのも普通である。

日本では当然見たこともない風景である。同級生に酪農家もいるが、乳牛で一般的なホルスタイン種は寒くても元気であるし、暑くなると夏バテでお乳のでが悪くなる。

家畜に風邪を引かせまいとするベンガル人の心遣いが感じられる。

TWITTER

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください