スナック菓子チャナテゥーの中身

スナック・チャナテゥーの中身は写真のとおり。

想像するに、ご飯、レンズ豆、不明な麺などをカレー味でフライにしたもの。それに、茶色い豆はピーナッツ、緑の豆は、グリンピースかな?味は空豆。

この味と香りは、日本にはない。ベビースターラーメンのエスニック版とでも表現したらいいのか。味と香りに関しては、日本で売っているエスニック風スナック菓子の中で太刀打ちできるものはない。自分の家族はみんな好んで食べるので、大量に買い付けてくる。いつも、ラシャヒのニューマーケットで買ってくるが、最初に20袋買ったとき、店のオヤジに目を白黒された覚えがある。

チャナテゥーに関しては、日本人の好みは二つに分かれる。一度食べてみて、二度と食べない人と食べると止められなくなる人。宴会席に持って行くと大抵は大受けする。酒飲みには、つまみとして好まれるが、酒を飲まない人には好まれない。そして、比較的男性には好まれるが、女性からは嫌がられる傾向があるようだ。

日本では売っていないので、是非、現地に行ってご試食あれ。


TWITTER

“スナック菓子チャナテゥーの中身” への1件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS:
    「チャナッチュール、チャナッチュール、チャナッチューーーール」と、道端でチャナッチュール売りが歩いているのが印象的。モリ(ぽんぽん菓子)と青唐辛子など合わせて「ジャルモリ」とも呼ばれている。
    インドでは、さらにココナッツも入っていた。美味しかった。たしか、「ルチ」というメーカー品がおすすめ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください