KODOMO

2012-12-26_15-17-12_215_1.jpg
昨日のスーパーマーケットで次男が見つけた商品。
「KODOMO」と書いてある。ベビーパウダーのようだ。さらに、左下に「LION」とも書いてある。Japanらしき文字もある。
もしかしたら、中国製なのかもしれないし、日本から粉だけを輸入して、バングラで容器を作って詰めて売っているのかもしれない。
Japan Business Pressというホームページにおもしろい記事が載っていた。
中国がバングラデシュに輸出攻勢をかけているが、中国製は2年で壊れるというのがバングラでの定説になっているという。しかも、英語を話せないので、バングラ国内の中国人は、できるだけ家の外に出ないで自分たちだけのコミュニティを作っているという。
中国人が英語で苦労して、入国審査で手間取り、いつも、とばっちりを食っていることは何度も紹介した。やはりそうであったか。
「安かろう、悪かろう」が当たり前の中国製。コピー天国中国。「LION」なんて、何のその。
前述のホームページによれば、ベンガル人が本当に欲しいのは、日本製。なぜなら、バングラデシュ独立時に日本から贈られたバスが20年以上壊れずに走り、日本製がどれだけ丈夫であるかをベンガル人はよく知っているという。
しかし、日本製は高い。バス1台1,000万円以上する。中国製は、200?300万円。でも、2年で壊れて動かなくなる。100台、中国から輸入して、70台が2年以内に動かなくなったという。
漢字で「子供」と書いてしまうと、すぐに中国製と見破られてしまう。
バングラの国中、中国製品で溢れかえっている。

“KODOMO” への2件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 20989be8c5ad273ecdeeb0d8dbc41dea
     ミャンマーにも,以前に中国製の新車バスが50台導入されましたが,やはり2年ぐらいで多くが故障だらけになったそうです。
    確かに,初めよりも減ってきているような気がします。
     地元の人にバイクのことを聞くと,「日本製は2,30年乗れるけど,中国製は2,3年しか持たない!」ということでした。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    >  ミャンマーにも,以前に中国製の新車バスが50台導入されましたが,やはり2年ぐらいで多くが故障だらけになったそうです。
    > 確かに,初めよりも減ってきているような気がします。
    >  地元の人にバイクのことを聞くと,「日本製は2,30年乗れるけど,中国製は2,3年しか持たない!」ということでした。
    うめきんさんへ
    とにかく、バングラデシュ人は見栄っ張りのくせ、持ち金がないので、結局、日本製は買えずに、中国製になってしまっているようです。
    バングラ商社に対する接待攻勢に根負けして、結局、中国製を輸入しているようですが、輸入価格に接待費も上乗せされているといいます。
    学校の運営費を捻出するため、新たに日本の中古製品をバングラに輸出すべく、日本人の職員研修をおこない、ビジネスを組み立てようとしていますが、ベンガル人の金の無さに、四苦八苦しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください