ロヒンギャ難民支援調査報告会

ロヒンギャ難民支援調査報告会 【拡散大歓迎です!】 「ロヒンギャ難民」を皆様、ご存知でしょうか。 2017年8月に発生したミャンマー軍による掃討作戦から逃れるために、88万人(2018年4月時点)を超えるロヒンギャの人々 続きを読む ロヒンギャ難民支援調査報告会

今年はイチゴもジャガイモも豊作⁉

今シーズは天候不順でジャガイモの凶作が予想されていましたが、モンジュールさんから良い知らせが届きました。 I’m very happy to produce high quality sweet new strawber 続きを読む 今年はイチゴもジャガイモも豊作⁉

ミャンマー政府「第一陣1,258人の強制送還リスト」

何も解決策が決まっていないまま、強制送還されるロヒンギャの人々。 怖いとしか言いようがありません。自分が何もできないことが歯がゆい。 田中龍作の取材活動支援基金 ■郵便局から振込みの場合 口座:ゆうちょ銀行 記号/101 続きを読む ミャンマー政府「第一陣1,258人の強制送還リスト」

68年ぶりの最低気温?

以前からバングラは寒い年がありました。寒さのために亡くなる人がいるという話は昔から聞いています。 寒さは、農作物に対しても影響を及ぼします。これから、収穫するじゃがいもは凶作になる可能性があります。じゃがいもは、価格が安 続きを読む 68年ぶりの最低気温?

一般社団法人 日本バングラデシュ協会の投稿から

一般社団法人 日本バングラデシュ協会の投稿から掲載します。 文房具の寄付をいただきました。JBA会員のS氏の娘さんRさんからバングラの子供たちに文房具の寄付をしていただきました。先月訪バの際、ダッカのキリガウチャウドバラ 続きを読む 一般社団法人 日本バングラデシュ協会の投稿から

栄養失調と肥満の病気

「健康のすすめ」からバングラの話題をシェアさせて頂きます。 「栄養失調と肥満の病気」 どうもヒロノブです^ ^ クソほど重たい話を、どうやって楽に話すのか? これがものすごく重要です。 いつものことながら是非ともインスタ 続きを読む 栄養失調と肥満の病気

今年も犠牲祭

Prothom Alo © 毎度お馴染みのバングラデシュ名物の帰省列車無賃乗車大移動ですね。 犠牲祭の時期にロヒンギャ問題で頭を悩ましていると思いますが、今の日本は無い、自己責任と無賃でも罰しない大らかさがこの国にはあり 続きを読む 今年も犠牲祭

ロヒンギャ族の問題

昨日、山仲間の友人から、「何故、ロヒンギャ族は迫害されるのか?ロヒンギャ族はベンガル人だからミャンマーに迫害されるのか?」と尋ねられました。 ロヒンギャ族はバングラとミャンマーの国境地帯の丘陵地に住み、ベンガル人であり、 続きを読む ロヒンギャ族の問題

衣食足りすぎて礼節を忘れた日本人

私が好きで、勉強させてもらっている藤原宏宣さんのページを紹介します。  病気を治そう‼︎ 3年前に僕が撮った写真。 お金もない。 電気もない。 ガスもない。 車もない。 レストランもない。 余分な服や靴もない。 使える水 続きを読む 衣食足りすぎて礼節を忘れた日本人

それは何処とつながっている?

私の好きな「病気を治そう!!」のページにバングラデシュについて書いてありましたので転載します。 それは何処とつながっている? どこの家にでもある様な服ですね。 僕の服なのですが 子供も着れる様になってきました。 成長が早 続きを読む それは何処とつながっている?

アロアシャ紹介番組2本

悪友 「バングラデシュTVのGolpo Noy Sottiというトーク形式の教育番組でアロアシャ学園のことが紹介されます。そのプロモ映像です。」 悪友 「バングラデシュTVのGolpo Noy Sottiという番組の第1 続きを読む アロアシャ紹介番組2本

在日ベンガル人たちの叫び

現在、日本で生活しているベンガル人の人たちから、電話をいただいた。 みんな、マスコミからの取材や知人たちからの問い合わせで、仕事が手に着かないと嘆いている人もいた。 バングラデシュ政府は、正確な情報を外に流さない。内向き 続きを読む 在日ベンガル人たちの叫び

最近、特に思うこと

アロアシャ学園に関わり始めて20年になろうとしている。 開発途上国の貧しい子供たちのための学校の資金作りのため、時には家庭を顧みず、毎年、職場から少々長目の休みをもらって現地に赴いていた。 その間、頭の中は金儲けのことで 続きを読む 最近、特に思うこと

悪友の悪巧み

悪友がNHKで放送された「奮闘!日本人 エキサイトアジア 宮城のイチゴ」という番組を期間限定でYouTubeにアップした。放送内容は、東日本大震災で被災したイチゴ農家がインドのデカン高原でイチゴ栽培に協力しているという内 続きを読む 悪友の悪巧み

モンジュールさん、ベンガル紙の電子版に載る。

昨日の「バングラニュース24」の電子版にモンジュールさんの記事が掲載された。 記事によると、タマネギの市場を見に行った記者がホテルの前でイチゴが売られていることに気がつき、モンジュールさんを訪ねて取材をしたくだりになって 続きを読む モンジュールさん、ベンガル紙の電子版に載る。

バングラの激動の一年を振り返る

ついに大晦日がやってきた。 今年一年をバングラデシュとの関わりだけで考えて振り返ると、激動の一年だったことがよくわかる。 1月から始まった首都ダッカ兵糧攻めの主要道路封鎖のゼネストは3月までにも及んだ。この影響で2月渡航 続きを読む バングラの激動の一年を振り返る

命をいただく。

毎回、バングラに行くと日本的な焼き鳥パーティが必ず行われるようになってから久しい。 最初の頃は、モンジュールさんに頼まれて、焼き鳥のタレと竹串と日本酒を必ず日本から持ち込んでいたが、今では、竹串が普通にラッシャヒで買える 続きを読む 命をいただく。

農業の近代化と資本主義経済の破綻

バングラデシュの農業にも近代化の波が押し寄せてきた。 バングラデシュは、日本の戦前のような大地主をファーマー(農家)と呼び、小作人を単なる労働者としか扱わない。 生産手段を持たない労働者は、故郷を捨て、より高い賃金を求め 続きを読む 農業の近代化と資本主義経済の破綻

日本人、バングラで撃たれて死亡。

悪友のフェイスブックに、バングラデシュ北部で日本人男性が撃たれたという記事が載っていた。 記事によると、ランプルという田舎町で農業プロジェクトに関わっていた66歳の男性らしい。リキシャに乗っていたところをバイクの3人組の 続きを読む 日本人、バングラで撃たれて死亡。

兎唇症の子供たちに光を

昨日紹介したミュラッジは、兎唇症(としんしょう)である。昨年の渡航時には、2回の手術を終えて、上唇の形も大分良くなっていた。しかし、空気が抜けて、まだまだ、上手く話せずにいた。 兎唇症を治すための手術を、無料でしてくれる 続きを読む 兎唇症の子供たちに光を