パイナップルの次はイチゴ

アロアシャ学園のドライマンゴーが軌道に乗り、次はパイナップルへとシフトし始めたが、アロアシャ学園と言えば肝心のイチゴをお忘れじゃありませんか?と、悪友に振った。 北海道・六花亭のストロベリーチョコを引き合いに出し、イチゴ 続きを読む パイナップルの次はイチゴ

マンゴーの次はパイナップル

JICAの協力隊員を全員バングラから引き上げさせたという暗いニュースもあれば、日本の企業やNGOが、まだまだ、頑張っているという明るいニュースもある。明るい話題の一つがこれ。 ドライマンゴーの生産が終わりに近づき、次なる 続きを読む マンゴーの次はパイナップル

アロアシャ学園理事長アノア先生

アロアシャ学園理事長のアノア先生が新商品のドライマンゴーを手にしてアロアシャ学園の前で写真に収まっている。 アノア先生は、以前も紹介したようにラッシャヒ大学における試験、留学での成績証明などの手続きを監督する最高責任者で 続きを読む アロアシャ学園理事長アノア先生

アロアシャ学園にも、ようやく光が!

アロアシャ学園にも、ようやく光が!と言っても、ベンガル語の光という意味のアロではなく、光ファイバーケーブルのことである。 現地駐在員から連絡で、光ファイバーケーブルがアロアシャ学園と研究所に繋がったというのである。 これ 続きを読む アロアシャ学園にも、ようやく光が!

ラッシャヒ市のテロ計画阻止

ラッシャヒ市でテロの計画が阻止されたとバングラ紙に載っていた。 ラッシャヒ大学の先生や生徒が以前から政治的な闘争を繰り返して、度々、休学となってきたきましたが、今回もラッシャヒ大学の誰かが関係していたかもしれない。 ラッ 続きを読む ラッシャヒ市のテロ計画阻止

乾燥マンゴー生産工場スタッフ

悪友 「先日ご紹介したバングラデシュの名産地ラッシャヒ産ドライマンゴー。 素材はバングラデシュ、加工技術は日本のコラボレーション商品です。1年間のトレーニングで、手際よく作業が進められています。 企業秘密工程(パテント) 続きを読む 乾燥マンゴー生産工場スタッフ

我が家にも届いたバングラ産乾燥マンゴー

バングラ産乾燥マンゴー、我が家にも届いた。味に一番うるさいのは女性軍なので、早速、女房と娘に食べてもらった。 開口一番、「乾燥しすぎでないの?」「味は、素朴な味がするけど」 ベンガル人の食感からすると、硬めの方が良いと思 続きを読む 我が家にも届いたバングラ産乾燥マンゴー

ようやく、乾燥マンゴー市場に出回る

昨年のマンゴーの時期から稼働始める予定だった乾燥マンゴーの生産ラインが本格的に稼働を始め、ようやく、バングラの市場に出回るようになった。 悪友 「世界一マンゴーの種類が多いといわれるバングラデシュ・ラシャヒではじめたドラ 続きを読む ようやく、乾燥マンゴー市場に出回る

バングラテロの現場になぜ中国人はいなかったのか

JBPressの今日付のタイトルに「バングラテロの現場になぜ中国人はいなかったのか テロの脅威がすぐそこに、早急にリスク回避の対策を」という記事が載っていた。 タヌキおやじ 「バングラデシュにおいて、中国人たちが自分たち 続きを読む バングラテロの現場になぜ中国人はいなかったのか

早く、平穏なバングラに戻って欲しい。

悪友 「ラマダン後のイード休暇が終わり、今日7/10からまた平穏な日々がスタートしたという連絡が、バングラデシュに派遣している日本人スタッフからありました。日本企業も活動を再開し始めているというニュースが入ってきています 続きを読む 早く、平穏なバングラに戻って欲しい。

年金運用損5兆円とハシナ首相不正蓄財5兆円

日本国内で年金運用損が5兆円に上ると、選挙前に騒いでいる。 5兆円と言われても、田舎のタヌキおやじにはピンとこない。 どのくらいの価値なのか、損をしても、すぐに取り戻せるのか、全くわからず、選挙戦は終盤を迎えた。 同じ5 続きを読む 年金運用損5兆円とハシナ首相不正蓄財5兆円

ラーマンさんからの悲しいメッセージ

いつもなら、明るいラーマンさんがイードのお祭りだというのに悲しいメーセージをくれた。 「こんにちは, ダツカに なったのこと ほんとに はずかしのことです、 くにはは だんだん へっなに なっでするんですから わたしたち 続きを読む ラーマンさんからの悲しいメッセージ

また、テロ事件

今朝、9時45分頃、ダッカから北東へ100km離れたSholakia Eidgahのイードの集会場で若い武装集団と警官隊との銃撃戦が始まり、少なくと警官2人を含む4人が亡くなったと現地紙が伝えている。 集会には30万人以 続きを読む また、テロ事件

イード・ムバラクが届かない

悪友 「イスラム圏では、7/5に1か月間のラマダンが明けイードを迎えました。いつもはこの時期、皆で「イードムバラク(イードおめでとう)」と言って、喜びを共有し、日本のお盆や正月のように田舎に帰省します。今年は、バングラデ 続きを読む イード・ムバラクが届かない

ようやく出てきた、まともな論調

今回のテロ事件について、正確性の低い情報が多かったが、ここにきて、比較的まともな論調が公表された。Newsweek日本版に掲載されたコラム プリンストン発 日本/アメリカ 新時代 冷泉彰彦 「バングラデシュ人質事件、日本 続きを読む ようやく出てきた、まともな論調

在日ベンガル人たちの叫び

現在、日本で生活しているベンガル人の人たちから、電話をいただいた。 みんな、マスコミからの取材や知人たちからの問い合わせで、仕事が手に着かないと嘆いている人もいた。 バングラデシュ政府は、正確な情報を外に流さない。内向き 続きを読む 在日ベンガル人たちの叫び

相変わらず、情報錯綜

この度の人質殺害事件の実行犯たちの内、5人の顔写真がWeb上で公開された。どれも、笑顔の写真である。 新聞によっては、実行犯たちは高学歴者で、独自のテロ集団でISやアルカイダとは接触はなかったとか、Facebookにプロ 続きを読む 相変わらず、情報錯綜

予約の取り消し

正式に8月渡航の中止を決めたので、予約しているものの取り消しをおこなった。 航空券は悪友が申し込んでいるので、彼が行う。航空券は、取り消し料がかかるはずである。昨年も、治安不良で取り消しをしたときに取り消し料を取られた覚 続きを読む 予約の取り消し