余興は始まる、モンジュールさんは来ない。

セレモニーで使った雛壇が撤去され、余興が始まった。 歌手が次々と唄い、タヌキオヤジが知っている曲も歌われて、思わず口ずさんでしまった。歌手はプロのようだ。単に歌が上手いのではない。アンプは使っているのだが、歌唱力がある。 続きを読む 余興は始まる、モンジュールさんは来ない。

セレモニーが終わって

オープニングセレモニーが無事に終わり、余興が始まるまでの間、我々、日本人は写真攻めに遭った。ベンガル人は写真を撮られるのが好きであるが、デジカメが普及しているので、次々と撮らせてくれと言われて、ポーズを取ること多くなった 続きを読む セレモニーが終わって

祝辞と頂き物

先生たちの自己紹介や関係者の挨拶の後、お偉方の祝辞が始まった。 覚悟はしていたが、日本人の代表として祝辞の番が回ってきた。当然、ベンガル語はまともには話せないので、通訳をしてもらった。通訳はタヌキオヤジの右側に立っている 続きを読む 祝辞と頂き物

SAKURA学校開校式の始まり

2012年12月28日、バングラデシュのパブナ・カシナプールにあるジャパン・フレンドシップ・アカデミーのSAKURA学校のオープニングセレモニーが始まった。 会場に造られたステージに、来賓として招かれた地元の首長などのお 続きを読む SAKURA学校開校式の始まり

お巡りさんといっしょ

SAKURA学校のオープニングセレモニーが始まる前に、警備で来ていた「お巡りさんといっしょ」に撮った一枚。モンジュールさんは、「パブナは危ないところだから」と言っていたことを思い出すような、警戒態勢か?と一瞬感じた。 バ 続きを読む お巡りさんといっしょ

SAKURA学校の案内をしてもらった。その2

「Japan Friendship Academy」の創設者 Mahbubar Rahmanさんが桜が好きで、校庭に植えた。上の写真右の低木の生け垣の角のところに桜が植えてある。ダッカで苗木を買ってきて植えたようであるが 続きを読む SAKURA学校の案内をしてもらった。その2

SAKURA学校の案内をしてもらった。その1

「Japan Friendship Academy」の創設者 Mahbubar Rahmanさんから、学校の施設を案内してもらった。彼は、家電製品の販売の傍ら、福島・伊達市のルンジュさんとともに、バングラデシュの子供たち 続きを読む SAKURA学校の案内をしてもらった。その1

イード・ムバラク

イスラム教の断食ラマダンが一昨日の8日に明けた(終わった)。ラマダンが明ける前に、実家に帰るため、恒例の帰省ラッシュがバングラの新聞に大きく報じられていた。 夕べ、多分、実家に帰省しているだろうと思い、久しぶりにモンジュ 続きを読む イード・ムバラク

ジャパン フレンドシップ アカデミーからもらった招待状

ルンジュさんの運営する小学校(ジャパン フレンドシップ アカデミー)のオープニングセレモニーの招待状をいただいた。 上の絵は、招待状の封筒に書かれたものである。一枚一枚、手書きになっている。これから成長しようとする植物と 続きを読む ジャパン フレンドシップ アカデミーからもらった招待状