こんなオッサン見たことない。

退屈な車内に、ド派手な衣装を着たオッサン登場。 何か、日本的に言えばピエロの衣装のチンドン屋かと思いきや、今まで、車内販売では見たこともないド派手な衣装を着たオッサンは、チャナツール売りであった。 こんなオッサン見たこと 続きを読む こんなオッサン見たことない。

ゴミのあるところにカラスあり

線路の周りに散乱するゴミ。2011/11/19の日記「バングラ・ゴミの原因物質」や2006/06/03の日記「駅がゴミ捨て場!」で書いたように、駅や線路はゴミ捨て場になっている。 当然のごとく集まってくるのが、野良牛、野 続きを読む ゴミのあるところにカラスあり

退屈な列車の旅

世界遺産のシュンドルボンとバゲルハットの旅も終盤、出発地のラッシャヒへ向かう列車に乗り込んだ。クルナを15時に出発し、21時40分にはラッシャヒに着く予定である。 ラッシャヒまでの約7時間、退屈しのぎに、みんな、新聞を読 続きを読む 退屈な列車の旅

バングラ産ブラックタイガーの主要産地

世界遺産バゲルハット・シャィト・ゴンブス・モスジットを後にし、チャータしたバスは、クルナ駅に向かった。途中、車窓から水田に水を張ったような場所が多数見受けられたが、それはブラックタイガーやその他の養殖エビの養殖池だという 続きを読む バングラ産ブラックタイガーの主要産地

シャィト・ゴンブス・モスジット

カン・ジャハン廟を後にし、世界遺産バゲルハットのモスクの中では最大で、有名だと言われているシャィト・ゴンブス・モスジットに向かった。バスでは、カン・ジャハン廟からクルナの方に戻るような形になる。 国道に面した入り口に料金 続きを読む シャィト・ゴンブス・モスジット

バングラ・ゴミの原因物質

旅のお供にかかせないスナック菓子。ジャガイモやダル(豆)、小麦粉を原料にしたスナック菓子は、たくさん種類があり、今回のシュンドルボンツアーでも、たくさんごちそうになった。2010年12月31日の「2010年バングラ版・大 続きを読む バングラ・ゴミの原因物質

何か、わからない思い出せない食べ物

カン・ジャハン廟門前通り商店街を抜けて、チャーターしたバスに戻ってきた。バスで待っていると、いろいろな物売りがやってくる。その中の一つ。下の写真。 野菜なのか果物なのか、とても表現できない食感。柔らかくて、繊維質のところ 続きを読む 何か、わからない思い出せない食べ物

カン・ジャハン廟門前通り商店街

カン・ジャハン廟門前通り商店街、土産物屋がずらり並ぶ。シュンドルボンには土産物屋はなかったので、みんな、土産物屋に寄って、お土産を買って帰る。 カン・ジャハン廟に行くときから気になっていた帽子を買う。 ミデュラとポロマ。 続きを読む カン・ジャハン廟門前通り商店街

階段で記念写真

カン・ジャハン廟のワニのいる池に降りる階段で記念撮影 シュンドルボン・ツアー参加者全員の74人には、若干足りないが、階段に座って記念撮影。足りない数人は、どこかに行ってる。日本でも、観光バスの発車時間に遅れる奴や記念撮影 続きを読む 階段で記念写真

カン・ジャハン廟とワニの棲む池

前庭に乞食がいるカン・ジャハン廟。廟だから、いわゆる「お墓」。建物の中に入れるわけでもなく、日本の神社仏閣のように拝んだり、お参りするわけでもないが、人々は廟の前で記念写真を撮る。 玄関と思われる部分には、アラビア語らし 続きを読む カン・ジャハン廟とワニの棲む池

ついつい、モンジュールさんと長話

夕べも、モンジュールさんと長話をしてしまった。 11時頃電話したら、ナサリー(農場)でお客さんを相手にしているようだったので、30分後かけ直した。バングラ農水省の出先機関の職員が、肥料や農薬のことでモンジュールさんに相談 続きを読む ついつい、モンジュールさんと長話

蔵王キリスト教会からアロアシャ学園の奨学金をいただいた。

今日、10月16日に行われた蔵王キリスト教会のチャリティ・フリーマーケットの収益金から6万円をいただいた。いただいた6万円は、バングラデシュの貧しい子供たちの小中学校アロアシャ学園の奨学金として利用される。 この奨学金は 続きを読む 蔵王キリスト教会からアロアシャ学園の奨学金をいただいた。

カン・ジャハン廟には、いる乞食。カン・ジャハン廟に、はいる乞食。

バングラデシュの人通りの多い場所には必ずいる、乞食たちは、ここカン・ジャハン廟の建物の目の前に並んでいた。 パーミッション(許可)がないと入れないシュンドルボンには、さすがに、乞食を見かけることはなかった。 ダッカ市街地 続きを読む カン・ジャハン廟には、いる乞食。カン・ジャハン廟に、はいる乞食。

最悪恒例の帰省ラッシュが始まった。

バングラデシュ恒例の帰国ラッシュが始まった。7日は、イード祭(犠牲祭、別名牛殺しのお祭り)で、それに合わせて、田舎に帰る人たちの半端でない、地獄のようなラッシュが始まったのである。以前、一度だけ、イード祭の時にバングラデ 続きを読む 最悪恒例の帰省ラッシュが始まった。

カン・ジャハン廟へ

まず最初に向かったのは、カン・ジャハン廟。世界文化遺産になっているバゲルハットのモスク群の建造に携わったといわれている聖者カン・ジャハン・アリの墓地。バスを降りて、74人は参道を歩いてカン・ジャハン廟に向かった。ここの池 続きを読む カン・ジャハン廟へ

バスに引かれてバゲルハット参り

バゲルハットまで何で行くのかと心配しながら、事の成り行きを見守っていたところ、バスに乗るというので、てっきり、74人で2台のバスと思っていたら、1台のバスに全員収まった。 日本のバスは、乗り合いと観光のバスの違いがはっき 続きを読む バスに引かれてバゲルハット参り

クルナに上陸

遊覧船を降りて、これから、どこに行くのか、ラッシャヒに戻るのか、わからないまま、みんな、フェリー乗り場の前にたたずんでいた。 クルナ駅の構内。クルナに着いたときは、真っ暗で、駅の様子が全くわからなかったが、改札口を出ない 続きを読む クルナに上陸

Skype同士でモンジュールさんと話をした。その3

今日は、モンジュールさんと農業についてのやり取りを書く。 「今年は、雨が降っていません。南のクルナのあたりで、少しだけ洪水になりました。」 「だから、野菜が高いです。でも、ジャガイモ作りすぎて安くなっているんです。食べる 続きを読む Skype同士でモンジュールさんと話をした。その3