朝食チャパティ

今日も紅茶試験場のゲストハウスから貸し切りオンボロバスで出かける。 朝、モンジュールさんたちの学生たちは朝食をとってこないというので、スリモンゴルのまちなかで、朝食タイムとなった。何だかんだあった、なかなか出発しないのが 続きを読む 朝食チャパティ

ラッシャヒ産の砂糖

スリモンゴルの繁華街に止まっていたトラック。黄土色の四角い固まりを積んでいる。 砂糖の固まりである。モンジュールさんは、ラッシャヒで作ったものだと言う。何を根拠にと思うのだが、トラックの何処かに、砂糖の何処かに、ラッシャ 続きを読む ラッシャヒ産の砂糖

スリモンゴルの朝日

スリモンゴルは、バングラデシュの北東に位置し、紅茶の生産で有名なところである。国の紅茶試験場があり、シレット紅茶はここが産地らしい。 紅茶試験場のゲストハウスに泊まって、毎朝、必ず外を散歩する。朝もやが出て、寒い日が続い 続きを読む スリモンゴルの朝日

シレットの町でお買い物

シャハ・ジャラルのモスクからバスに戻ると、奥様たちは買い物に出かけていた。女性はモスクに入れないので、男性たちがモスクで礼拝をしている間、少数民族の店に買い物に出かけたという。男性陣と娘たちも、リキシャで追いかけた。 バ 続きを読む シレットの町でお買い物

シャハ・ジャラルのモスク

タマビルからの帰り道、シレットの町に立ち寄った。 ここはこの地にイスラム教を初めて布教した聖者シャハ・ジャラルが眠っている墓地があるモスクの前庭の池。シャハ・ジャラルはバングラデシュにイスラム教を布教した三大聖者の一人で 続きを読む シャハ・ジャラルのモスク

タマビルの石屋

タマビルの有料駐車場のわきにお土産物屋や食堂が並び、さらに場違いとも思われる石屋があった。 一見、墓標のような、それにしては表面が粗い。 石工(石加工の職人)がタガネとハンマーで石を加工している。 水と石を使って、丸く平 続きを読む タマビルの石屋

国境の町・タマビル

タマビルは、砂利採取の町であり、観光地であり、国境の町である。 川向こうはインドであり、斜面に張り付いている家はインドの民家である。 国境だけに国境警備兵がいた。本当は、多くの数の兵隊がいてもおかしくはないのであろうが、 続きを読む 国境の町・タマビル

観光地・タマビル

砂利採取の町・タマビルを紹介してきたが、観光地でもある。 写真は、観光地には必ずいるムリ(右の白いやつ)とチャナツール売りのオッサン。ムリは米をふくらましたもの。日本でも子どものお菓子として似たような物が売られている。米 続きを読む 観光地・タマビル

砂利採取業

日本でも昔は普通にどこでも見受けられた河川での砂利採取。今は、環境を守るため、法律で規制して、簡単に川原で石を採ることができなくなった。 とにかく、砂利採取業は人海戦術。パワーショベルは、川原を掘ることだけに使う。 川の 続きを読む 砂利採取業

日本の会社名の付いたパワーショベル

日本の社名のついた中古の車が普通にバングラデシュを走り回っているが、今回の写真は極めつけである。 「高山基礎工業」は実在する日本の会社のようである。この会社で活躍したパワーショベルは、5000km以上も離れた、バングラデ 続きを読む 日本の会社名の付いたパワーショベル

国境の採石場・タマビル

バングラデシュ北東部シュレットから、さらに50km以上北上すると、インドとの国境・タマビルがある。 ここは、バングラデシュでも有数の採石場になっている。と言っても川原の石である。バングラデシュのほとんどが大河のデルタ地帯 続きを読む 国境の採石場・タマビル