バングラ最大?のガス田

このところ、ほかの活動のブログも書かなければならなくなり、本来の珍道中がおろそかになってきた。 シレットに延びる鉄道を散々歩かされて、いやになった頃、写真のような場所に出くわした。 写真を撮ろうとしたら、道路に制服姿の男 続きを読む バングラ最大?のガス田

線路は続くよどこまでも

ラワチャラ国立公園の中を鉄道が走っている。 国立公園からの帰り道、誰かが線路を歩いて30分ぐらいすると駅があると言い出した。みんな、線路を歩き出した。 子供にとっては、線路は魅力的な遊び場だった。レールの上をバランスをと 続きを読む 線路は続くよどこまでも

国立公園のゴミ

ラワチャラ国立公園の中で目立ったのがゴミ。 ポテチなどのスナックや菓子の石油系包装紙が特に目立つ。 ゴミが目立つのは国立公園に限ったことではなく、バングラデシュの国じゅう、ゴミだらけである。1997年の渡航以来、ここ、一 続きを読む 国立公園のゴミ

ラワチャラ国立公園の少数民族

ラワチャラ国立公園の中で少数民族の村があった。小高い丘の上に集落を作っていた。村に通ずる斜面にパイナップルをたくさん植えていた。パイナップルが育つと言うことは、土が酸性土、日本で言う赤土に近い土である。 家は、土壁で出来 続きを読む ラワチャラ国立公園の少数民族

国立公園での一枚の記念写真

今回の研修旅行のメンバーの写真。 本当は、モンジュールさんの上司・ラヒュール・イスラム教授の家族も参加していたのであるが、旅行の2日目、ラヒュール先生の兄上の逝去の知らせが入り、ラッシャヒに帰られてしまった。 モンジュー 続きを読む 国立公園での一枚の記念写真

国立公園の植物

ラワチャラ国立公園の中は「チークの木」で紹介したように、常緑の広葉樹が多い。森の中は回廊のように遊歩道が整備されていて、散策しながら、森林浴を楽しむことができる。 森の中の開けた地面は、写真のような丈の低い植物で覆われて 続きを読む 国立公園の植物

国立公園の野鳥たち

ラワチャラ国立公園の中に野鳥の説明版があった。多分、この公園に棲んでいる鳥たちであろう。バングラは、町の中にも鳥が多いと感じていたが、森の中なので、多くの野鳥の楽園になっているに違いない。 左から、オレンジベースの緑色の 続きを読む 国立公園の野鳥たち

国立公園のゾウ使い

国立公園の中にゾウ使いがいた。 お客を乗せて、お金をもらう商売だ。インドに近い地域なので多分インド象なのだろう。モンジュールさんと奥さんのボナニーさんが早速、乗って楽しんでいた。 ゾウは、決して乗り心地のよい乗り物ではな 続きを読む 国立公園のゾウ使い

チークの木

ラワチャラ国立公園の中は森林になっている。元々、平坦部にも木がたくさん自生していたはずの黄金のベンガルもイギリス植民地時代にその多くが燃料や木材として切り倒されて、今では、街路樹とか集落のあるところなどにしか木を見ること 続きを読む チークの木

ラワチャラ国立公園

スリモンゴルの町中から北東に向かってオンボロバスに乗ること30分。山の中を縫うように走ってたどり着いたのはラワチャラ国立公園の入り口。 モンジュールさんから、今回の旅行で森に行きますと言われていたのが、この場所であった。 続きを読む ラワチャラ国立公園

ピーナッツバー

ベンガル人は、酒を飲まないので甘いものをよく食べる。肝臓病はいないけれども糖尿病の人はたくさんいるという。糖尿病なんて、贅沢病のような気もするが。ときどき、店に立ち寄って甘いお菓子を買う。 ピーナッツバーを食べないかとモ 続きを読む ピーナッツバー