青いイチゴ

a8jvKOZ_700b

何ヶ月か前のバングラ紙に日本で「青い」イチゴが作られているという記事が載っていた。

信憑性を確かめるために調べてみたが、フォトショップで画像処理されたものではなく、本物だというページを見つけたが、フォトショップで加工したものだというページもたくさんあった。

日本語で「青い」というと未成熟の物を表すことが多い。「青二才」という言葉は典型的な例である。

遺伝子の組み換えができる時代であり、何色に変化させてもおかしくはないが、青い色は食欲を減退させる色だと言われているだけに、商品価値の無いものに研究費をかけるだろうかと疑うのが普通であろう。

だが、常識に囚われていると科学としては進歩がない。「青い」イチゴの信憑性よりも本物の「青い」イチゴを作り出す技術が、全く新しい物を作り出す技術に転用できることのメリットの方が大きい。

“青いイチゴ” への2件の返信

    • タッジュ様 コメントありがとうございます。バングラ行きたいですね。現地からは複数の渡航要請はあるのですが、治安に不安を残しているので現地側もためらっていますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください