逆流性食道炎とピロリ菌

ABC胃がんリスク01

ABC胃がんリスク評価結果通知書01

先月、胃の調子が悪く、胃カメラで検査をしたら、逆流性食道炎と診断され、ついでにピロリ菌検査も行った。主治医は、ピロリ菌はいないだろうという予想だったが、全くその通りであった。

井戸水を飲んでいる人にピロリ菌保有者が多いと聞いたことがあるが、毎年のようにバングラデシュに行き、日本に比べれば、必ずしも衛生的だとは言えない環境にさらしている自分の胃袋に、ピロリ菌がいないことが驚きであった。

強いて言えば、バングラで食あたりした経験は一度もない。胃酸(塩酸)の量が人よりも多いので、多少の菌は死んでしまうのだろう。だから、ABC胃がんリスク評価結果通知書にも書いてあるように、逆流性食道炎に罹るリスクの方が高いのであろう。

今日も、逆流性食道炎の薬をたっぷり処方されてきた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください