旅のお供にSONY RX100を連れて行きました。

今までの渡航ではCanonの一眼レフを旅のお供に連れて行きました。

今回、バイクのツーリングで使用するためにSONYサイバーショットRX100の中古機を購入しました。ツーリングではHUAWEIの格安スマホを常用していました。「弘法筆を選ばず」とは言いますが、一眼レフでは大きすぎて機動力が必要なツーリングでは限界がありました。

HUAWEI nova liteでも、補正無しで下の写真ぐらいなら撮ることができます。

スマホ撮影の良い点は、露出やピントを合わせたい場所を液晶画面上でワンクリックするだけで合ってしまうことです。上の写真は、空に露出を合わせるため画面上の空の部分をワンクリックして撮影したものです。

これに対して、一眼レフやコンパクトデジタルカメラ、ミラーレスカメラはファインダーや液晶画面ではクリックすることはできず、露出やピントを一々確認しながら決めなければなりません。

スマホと同等に露出やピント合わせができるコンパクトデジタルカメラを散々探したのですが、スマホに代わるものは、まだ、この世にはありませんでした。

以前はiPhoneも所有していました。その場でSNSにアップするためにはスマホは良いのですが、時間帯や場面によっては撮れなくて悔しい思いをしたことが何度もありました。

ちょっと古い機種ながら、明るいレンズを使っているので様々なシーンでおもしろく撮れ、人気のあるSONY RX100を常用カメラとして選びました。

今回の渡航でたくさん写真を撮ってきました。

ただ、ちょっとした不注意でSONY RX100をモンジュールさんのアパートに忘れてしまいました。

今月、モンジュールさんに向かう元日本人スタッフがいたので、彼とモンジュールさんにお願いして、日本に持ち帰ってもらうことにしました。

今のところ、いつ、カメラが届くかわかりませんが、それまでの間は、スマホで撮った写真で、今回の渡航について紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください