今年はイチゴもジャガイモも豊作⁉

今シーズは天候不順でジャガイモの凶作が予想されていましたが、モンジュールさんから良い知らせが届きました。

I’m very happy to produce high quality sweet new strawberry this year.

Beautiful potato field of AkaFuji Agrotechnologies at Godagari subdistrct. I’m very very happy and hope that AloAsha school is going get greater assistance from AkaFuji in this year. At present AloAsha school has been facing hardship of money crisis be AkaFuji couldn’t make enough profit last year.

モンジュールさんのメッセージにもあるように、アロアシャ学園の運営費を賄うため「AkaFuji 日本名あかふじ」という会社を作り、今までバングラにはなかったイチゴやジャガイモの苗や種を生産し、純益を学校の運営費に充ててきました。しかし、毎年、安定的な生産ができず、そのたびに、学園の先生方の給料が遅配欠配するという悪循環が続いてきました。

私はアロアシャ学園に20年関わってきましたが、いつまでも、AkaFuji関係者の労働意欲の低さが改善されない状態が続いてきました。結果、豊作でもキャッシュフローが蓄えらず、非常に危ない会社運営を続けています。

上の者がいないと働かない。しまいには、上の者も働かない。

どんなに農業技術が進歩しても、働くのは人間である以上、自分自ら働かない限り、莫大な収益を産みません。

人が動くのも教育だと思います。まだまだ、バングラの教育は発展途上であると痛切に感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*