ロヒンギャ難民支援調査報告会

ロヒンギャ難民支援調査報告会

【拡散大歓迎です!】
「ロヒンギャ難民」を皆様、ご存知でしょうか。
2017年8月に発生したミャンマー軍による掃討作戦から逃れるために、88万人(2018年4月時点)を超えるロヒンギャの人々が隣国バングラデシュへ避難しています。

3月〜4月、IVYは、ロヒンギャの人たちが避難しているバングラデシュ・コックスバザール県で調査を行ってきました。

調査の中で見えてきたのは、急激な難民の増加による水衛生環境の悪化です。
中でも約60万人が暮らすクトゥパロン難民キャンプは、井戸の水が枯れてしまい2人に1人が安全な水を利用できず、またトイレの数も不足しており150人で1箇所のトイレを利用している場所もありました。

報告会では、調査を行ったIVYスタッフの佐藤充が、難民キャンプに暮らすロヒンギャの人々の様子、キャンプ内における課題、そして今後どのような支援が必要とされているのかなどについてお伝えします。ぜひご参加ください。

日時:2018年5月26日(土) 16:00 – 17:00
会場:山形市男女共同参画センター 5階 視聴覚室
参加費:無料

申込み締切:5月25日(金)12時まで

お申込み・お問い合わせ
TEL・FAX・E-mailにて下記の内容を明記の上、IVYまでお申し込みください。
≪①お名前②連絡先≫

認定NPO法人 IVY
TEL:023-634-9830 FAX:023-634-9883
E-mail:link@ivyjapan.org

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください