ロヒンギャ問題 -悪友の投稿からー その2

悪友
もう少し繋ぎます。
スーチーは軍部から偽の情報をつかまされているか、真相を知っていてなおミャンマー世論に迎合しているのか。高等難民弁務官事務所も国家によるこれほど残虐な行為を見たことがないと。送られてくる写真を見る限りその残虐さは仏教の地獄絵図そのもの(手足を切り刻んで釜茹でしている情景)です。国連事務総長は「民族浄化の教科書」になる残虐な行動がいまミャンマーで行われており、これを止められる最後のチャンスをスーチーは握っていると言っています。スーチーからノーベル平和賞を取り上げる請願署名が40万人に達しました。

http://www.thedailystar.net/frontpage/suu-kyis-last-chance-1463647

悪友
ほぼ正確な論評だと思います。
「ただしこれまでと違い今の軍部には、アウンサンスーチー氏という隠れ蓑がいる。おかげで軍の行動について国際社会は、軍部ではなくスーチー氏に徹底的な非難を浴びせているのだ。」

http://blogos.com/article/246411/


http://www.bbc.com/news/world-41243635

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください