ラーマンさん元気ですか?桜咲きました。

昨日、モンジュールさんに電話する前に、ラーマンさんへ桜の写真を送り、電話をしました。

ラーマンさんは日本の桜を自分の学校に植えて育てたくて、ダッカから桜だと言われて苗木を買ってきましたが、なかなか、花を咲かせることができませんでした。

2014年4月18日「気になる桜」2014年4月21日「ジャパン・フレンドシップ・アカデミーで荒療治」2014年8月8日「これって、桜?」で紹介したように栄養状態が悪く、桜と思っていた苗木は、実はサルスベリ(百日紅)だったという落ちになりました。

もちろん、ラーマンさんはガッカリしました。

バングラで咲かせることができる桜は、沖縄で1月に咲くヒカンザクラだろうと思います。しかし、バングラでヒカンザクラの苗木を手に入れることは至難の業です。

ラーマンさんは日本で桜を見ているので、その感動をベンガル人にも味わってもらいたいと考えていました。せめて、日本の桜の写真だけでもラーマンさんに見てもらおうと送りました。

ラーマンさんは喜んでくれました。

ラーマンさんとの話の内容は次回に掲載します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください