ラッシャヒ市国境でベンガル人がインド兵に殺された。

Rajshahi kill

06:26 PM, July 22, 2016 / LAST MODIFIED: 06:46 PM, July 22, 2016
BSF kills Bangladeshi national along Rajshahi border
UNB, Rajshahi
A Bangladeshi national was shot dead by members of Indian Border Security Force (BSF) in Char Kanaipara border area in Godagari upazila of Rajshahi early today.
The deceased was identified as Abul Kalam, 30, son of Kadam Ali of the area and was a cattle trader.
Abu Farhad, officer-in-charge of Godagari Police Station, said BSF troops opened fire on Kalam as he went to the area for bringing cattle, leaving him injured.
He was admitted to Rajshahi Medical College Hospital where doctor declared him dead, the OC added.

インドの国境の近くにあるラッシャヒ市は、貧しい子どもたちの学校アロアシャ学園がある。

このラッシャヒ市のそばの国境でインドの国境警備隊の隊員からベンガル人が殺された。地元紙によると、亡くなったのは牛飼いの人のようである。

ラッシャヒ市はガンジス川(ベンガル語でポッダ川)に隣接し、ガンジスの中洲を通ってインドに抜ける秘密のルートがあり、国境で金を出して、多くの人々が行き交っている。

タヌキおやじも、このブログで紹介してきた。

バングラ政府はインドには頭が上がらず、国境で自国民が無防備でインド兵に殺されても何も言えないことに憤っているベンガル人が多いことを知っている。

だが、表立ってバングラ政府を批判すると自分の命がなくなることを恐れて、誰も口に出して言わない。

こういう政府を相手に日本国民の税金を使って良いものかと自問自答している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください