ラッシャヒ市のテロ計画阻止

Rajshahi tero

ラッシャヒ市でテロの計画が阻止されたとバングラ紙に載っていた。

ラッシャヒ大学の先生や生徒が以前から政治的な闘争を繰り返して、度々、休学となってきたきましたが、今回もラッシャヒ大学の誰かが関係していたかもしれない。

ラッシャヒ大学のモンジュールさんとは関わりを持ってきただけに、未然にテロを防げたことで安堵している。

ラッシャヒに住まないベンガル人からは、ラッシャヒは危ないところだから行かないほうが良いと言われる。

逆に、パブナに住んでいないベンガル人からは、パブナは危ないところだから行かないほうが良いと言われる。

バングラデシュに住んでいる人でさえ、自分の住んでいる所以外、本当は知らないというのが実態なのであろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください