ラッシャヒの某所

IMG_1974

上の写真は、ラッシャヒの某所。以前紹介したことのある、貴金属を扱う店の並ぶ通りの二階にあるお店。

ピンぼけでわからないが、奥に酒瓶が棚に並んでる。手前に人がいるので写っていないが、人の後ろには段ボールに入った中東製のビールがたくさん積まれている。

中東はほとんどがイスラム国なのに、何故か、ビールを造り、他のイスラム国に輸出しているのである。

このビールがとても不味い。アルコールに色づけし、アルミ缶の中に炭酸ガスと共に封入したようなもの。

ダッカの免税店ではハイネケンなどの正規品が手に入るので、それを呑んでから、中東ビールは飲めたものではない。

ラム酒はサトウキビの生産国なので、昔から美味しいラム酒を作っている。

ラッシャヒ大学の先生たちがダッカに出張で行ったときに、外国人の泊まるパンパシフック・ショナルガオンホテルでワインを飲んでくると聞いたことがある。

ベンガル人にもアル中がいると聞いたこともある。

何でも、表と裏があるものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください