バングラ渡航前に羅名さんの店に立ち寄りました。

バングラデシュ渡航のため昨年末12月25日の午前中に山形を出発しました。26日羽田発0時20分のバンコク行きに搭乗するまでの間、下町のベンガル人、橋本羅名さんの焼肉店・牛将に寄り道するため、上野駅で新幹線を降り、日暮里で京成本線に乗り換えて、堀切菖蒲園に到着しました。

一度は堀切菖蒲園駅改札から30秒のところで営業していた牛将の経営権を人手に渡したものの、昨年10月7日に自宅の一階にリニュアルオープンした牛将の開店祝いのため立ち寄ったのです。

羅名さんによると経営者が代わった牛将は羅名さんが経営していないことがお客さんにわかり、かえって牛将の名前では売り上げが上がらないので別の名前にしたとのことです。このため牛将の名前が使えることになったようです。

新しい店は堀切菖蒲園駅改札から東へ歩いて5分もかからないところにあります。

営業時間は15:00から23:00までです。以前は17:00ごろから24:00か1:00ぐらいまで営業していたような気がします。

以前は近い場所に店があったとは言え、自宅から通わなければなりませんでしたが、今度は自宅の1階ですので、物理的にも精神的にも楽になったと思います。何より、家族とすぐに顔を合わせることができることは良いことだと思います。

今回、開店祝いとして持参したのが将棋の駒で有名な天童の「左馬」です。この「左馬」は商売繁盛、家内安全のための縁起物として開店や新築の祝い品で贈られるものです。

この「左馬」は天童にある菱沼王将製作所(山形県天童市北目3丁目3−50  023-653-4472)という製造元から直接購入しました。

実は、2014年8月3日「左馬」(ひだりうま)でも紹介しているようにバングラデシュ、パブナのカシナプールにあるジャパン・フレンドシップ・アカデミーにも「左馬」を学校の開校祝いとして持参しています。

仕込み時間にお邪魔しました。仕事の邪魔にならないように気を付けて仕込みを見させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください