イチゴのクロロシス

13318523_680235922115806_1526447653_n

13293118_680236052115793_65584598_n

今日の昼、モンジュールさんからFacebookのメッセンジャーを使って、上のイチゴの写真が送られてきた。

葉が白くなり葉緑素が無くなったクロロシスである。

考えられることは3つ。土壌中のカルシウムの量が多いこと。このため、水素イオン濃度(pH)の値が高い、つまり、アルカリ性であること。それらのことにより、葉緑素の中心的な元素であるマグネシウムの吸収が抑えられて、イチゴの葉が白くなったと思われる。

丁度、昼休みだったこととバングラは金曜日で、日本で言う日曜日に当たるのでモンジュールさんに電話をしてみた。

モンジュールさん曰く、イチゴのために新しい培養土を作っているが、ガンジスの砂と木灰が入っているとのこと。予想通りの結果になってしまった。

細かいことは、今晩再度、モンジュールさんに電話することで丁度昼休みの時間が終わった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください